新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

収納を考えて建てる新築一戸建て。

それまで賃貸の住宅に住んでいた人は、収納の少なさや使いづらさに頭を悩ませていたと思います。自分の新築の一戸建てを建てるなら、その時の不便や不満が解消されるように考えて収納を決めると、快適で片付けやすい家になります。まず玄関には、広めにシューズクローゼットがあるといいです。家族全員分の靴を収納できるだけではなく、ブーツや長靴など高さのある靴もそのままの状態でしまえるように、棚の高さをとることも必要です。こうしたスペースは賃貸には無いので、玄関が靴でいっぱいという家庭も多いです。傘や掃除道具も収納できるようにすれば、玄関がいつも片付いて、すっきりと見えます。

リビングは家族がつくろいだり、来客を通す場所でもあります。家族が一番長い時間を過ごすため、どうしても散らかりやすくなります。散らからないように、物の収納場所をきちんと決めて、使い終わったら戻すように習慣化すると片付きます。また、すぐ掃除がしやすいように、掃除機をリビング内に隠して収納できるようにすると便利です。廊下や離れた場所に収納すると、取り出すだけでも億劫になり、やる気が出なくなってしまいます。せっかく建てるマイホームです。収納を考えてプランを立てると、常にきれいで、いつでも来客を招き入れることができる家にできます。

注目リンク

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.