新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

新築する時に役立つ節約ポイント。

家を建てる時、建てた後にも意外なところにお金がかかるのに驚く場合があります。建てただけでは、そのまま住むことはできません。家具や照明器具、カーテンを付けて初めて家としての役割を果たすのです。しかし、その金額は結構バカになりませんが、新築する時の注意で節約ができることがあります。

部屋に必ず一か所はある窓ですが、この窓のサイズに注意が必要です。まず、取り付けたいタイプのカーテンを家建てる時から決めておきます。例えばリビングにはオシャレな木製ブラインド、寝室には遮光カーテン、子供部屋はカラフルな柄物などのサイズと値段を把握しておきます。それらに合わせて窓のサイズを合わせていきます。なぜなら、それらのカーテン類は、既製品のサイズがないとオーダーになり価格が既製品の倍近くすることもあるからです。また、海外製の物になると納品に三か月かかる物もあり、我が家は早めにオーダーしすぎて、引越し前の住居で置き場所に困ったこともあります。

ハウスメーカーでは、既製品のカーテンが合う窓のサイズを採用しているところがほとんどですが、建築家の方に頼むとそうではない場合がありますので、新築されるときに念頭に置いておくと建ててから大きな節約になります。

注目リンク

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.