新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

これからの新築住宅のコンセプト

最近はスマートハウスという言葉をよく聞きます。これは地球環境問題である二酸化炭素削減のため、家庭部門での削減努力が重要課題として掲げられている現在、住宅の高気密、高断熱化、また太陽光発電の利用、住宅用蓄電池や家電などをネットワーク化しシステムを取り入れた住宅のことです。住宅生産団体連合会では、新築物件を中心に、こうしたスマートハウスの供給、普及がますます進むと見ています。近年多くの人の間で関心の深い耐震性と共に、省エネ関係の設備は、これから家を持とうとする人にとっては必須のものとなるでしょう。

異常気象が世界中で見られる昨今、特に夏の酷暑に対応するエアコンにおける省エネ技術の進歩には目を見張りますが、住宅の断熱性も大切です。住宅における熱の無駄な出入りを抑制することにより、冷暖房に頼らずに快適さを確保できるからです。そこで近年普及しているのが窓のペアガラスです。ただ夏は却って熱を取り込むので、一方のガラスに遮熱性を組込んだペアガラスが、新築住宅において採用されつつあります。さらにこうした設備だけでなく、通気性のよい構造作りも併用し、効率的な省エネを目指す工夫もなされています。このように住宅業界では、省エネを中心に、安全、安心、しかも快適な住まいというコンセプトで、日々努力を続けているのです。

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.