新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

新築するかは消費税アップの時期次第でしょう。

新築ブームは、今、落ちついてきたように思います。消費税8%に上がるまでに、迷っていた人や子育て世代の人たちが、決断して契約して、新築することを決めたと思います。実施、帰省先の空き地が、地質も良くないので、ここに建てる人はいないでしょうとささやかれてきた土地でも、消費税が上がった後に、駆け込み新築のように3軒建築されていました。

消費税アップは、市民の節約志向と政府の税金対策と経済効果が、結果的に相乗効果を生んだのだと思います。消費税が8%に上がってからは、契約も建築現場も落ち着いたように見えますが、来年以降に迫っている消費税10%間で引き上げは、これからの新築しようという決断をさせるかさせないかにかかってくると思います。

いろいろな理由で、新築できなかった世代が、消費税10%に上がるまでに新築しようか迷っていると思います。思案中かもしれません。8%には上がってしまっているので、少し資金繰りでは慎重になっていることはあると思いますので、物件の機能的な面や人生設計上これが最後のチャンスだと覚悟できるかどうかにかかっています。建築業界からの広告や相談、金融業界の資金相談が対策として利用しやすい状況が大切になってきます。条件が整えば、第2の新築ブームが来るのかもしれません。

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.