新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

新築の一戸建て購入する場合には

新築の一戸建ての家を購入しようとする時は、最初に土地を購入して注文住宅を建てたり、もともと自分が所有している土地や親が所有している土地などに注文住宅を建てる場合があります。土地と建物を合わせて取得する場合には、建売住宅を購入する場合と建築条件付き土地を購入するケースがあります。建売住宅は、売主の業者が建てた住宅を土地と建物としてセットで購入するものです。購入者が決まって売買契約が終わってから工事をはじめる場合は、売建住宅という場合もあるそうです。建築条件付き土地は、指定の業者などと一定期間のうちに建築工事請負契約を締結する条件を土地の売買を契約する事で、土地は購入者のもの、建物は工事の建主という事になります。建売住宅を購入する場合には、新築マンションの購入方法と似ており、契約の段取りを理解しやすいそうです。

建築条件付きの土地を購入する場合には、土地の売買契約締結をした後に建物の設計に関して打ち合わせや見積もりなどを行い、指定された期期間の間に建築工事の請負契約を締結し、契約の締結がされない場合には、土地の契約が白紙になってしまったり、契約が初めからなかった事になってしまうそうです。期間内に締結しなければいけないのは、建築工事の請負契約で、建物の設計に関しての細かな打ち合わせが請負契約後に延びる場合もあり、工事の着手から完成まで新築の建物引き渡しまで土地を購入するまで一年近く掛かってしまう場合もあるそうです。

注目リンク

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.