新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

新築建売住宅の現在について

施工前や施工中に販売をしてしている新築建売住宅というのが増えています。これまでは出来上がった住宅を販売するというのが建売住宅の定義でしたが、いまでは建設途上の段階で売りに出している建売住宅が多くなっているのです。どうしてそういう様式の販売が増えているのか、またそうして売り出すことで、買主に得られる利益というのはどこにあるのか、知っておくことは無駄ではありません。

建設が完了する前に買主が決まっている。これによって売主は、金利負担など、金銭面でメリットがあるのです。また、これは売主にも買主にも利益のあることですが、建設中に建設プランを変更することができるということです。つまりそれだけ買主の意向を反映させやすいのです。建設中に建設プランを変えられるということを売りにしている売主もいるので、営業面で売主にも利益があるのです。

もちろん意見の反映には限界があります。そのさいどこまでならば意見が通るのか確認しておくことが大切です。間取りの変更はできるのか、壁紙の色は融通が利くのかなど、注文販売ではないので変更のできる範囲というものが決まっているのです。売主の方でも、建物に対する意向というものがありますから、変更の範囲がどこまで及ぶのか、買主は売主によく確認をしておかなければなりません。

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.