新築の際に取り入れたい設備

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築の際に取り入れたい設備

新築建売住宅の新しい試み

新築物件の販売形式のひとつに、建売住宅があります。建売住宅というのは、建物と土地を一緒に購入することのできる販売形式ですが、建売住宅で物件を購入する際には、建物はすでに建築済みという場合が一般的です。しかし最近では、まだ着工前や建設中に建売住宅として販売しているという場合が増えてきています。着工前や建設中の建売住宅を購入するメリットはどこにあるでしょうか。

建売住宅というのは、これまではすでに出来上がった建物を販売していたわけですから、当然建物の仕様について施主が口出しをすることはできません。しかし施工前や施工中に販売をすることによって、ある程度その仕様について施主の融通をきかせることができるようになっているのです。つまり間取りだとか壁紙の色だとか、基本的な建設プランの変更をすることができるということです。しかしもちろん、あくまで建売住宅で販売をしているわけですから、施主の意向を反映させることにも限界はあります。すべての意見をくみ取ることはできないですし、仕様に関する意見をより反映させたいのであれば、注文住宅を選択すればよいので、建売住宅での意向反映はあくまでも限定的なものです。しかし限定的であっても、少しでも意見を反映させることができるなら、買主にとっては大きなメリットです。

注目リンク

Copyright 2017 新築の際に取り入れたい設備 All Rights Reserved.